本文へ移動

富翔会の将来目標と事業計画

富翔会の将来目標と事業計画

夢と希望

 平成13年11月に社会福祉法人富翔会を設立、知的障がい者の授産活動通所作業所
「わくわく富田林」として平成14年4月に開設しました。
 
 わくわく富田林は、平成24年1月から「就労継続支援B型」、「生活介護」の多機
能型事業所に変更し、事業運営は順調に推移しています。
 現在の利用者さんの構成は、10代から50代と幅広い方々が日中活動に取り組んで
いますが、ご家族の高齢化とともに利用者さん自身が年々高年齢化の傾向にあり、
将来設計をどのように立てて行くかが今後の大きな課題となっており、利用者さん
の将来生活を「夢と希望」のあるものにする為の環境を整えていくことが、当法人
の使命でもあると考えます。
 
 今後、利用者さんへの支援充実と、施設機能の拡充を目指す為に次のことを重点
的に推進してまいります。
① わくわく富田林の就労継続支援B型事業の作業の安定的な継続と、利用者さん
  の適正能力の把握と技能向上
 
② 生活介護事業では日常生活において介助等が必要な利用者に、適切に介助等を
  行うとともに、生産活動等及び機能訓練の機会を提供することにより、利用者
  の現有する機能及び能力を後退させることなく、個々の持つあらゆる可能性を
  見い出し、生き生きと充実した支援を行う
 
  自閉症や自閉傾向のある方には、過ごしやすい環境を整え安定した生活を送る
  ことができるよう支援を行う
 
③ 現在の利用者の方々の継続利用の推進、新規利用者の受け入れ拡充への取り組
  みを積極的にPRしていく
 
④ 利用者さんの地域移行に向けた取り組みであるグループ・ケアホーム等の自立
  生活環境を整備していく為、近隣地域の障がい者の将来生活ニーズをより精査
  し、現状の施設運営の将来計画づくりのあり方を考察
 
⑤ 利用者支援技術の拡充と支援体制強化及び職員資質の向上
 
⑥ 富翔会として、近隣の地域ニーズ及びご家庭の高齢化とともにご要望の多い将
  来生活の基盤整備の為に、現在の法人内で進めています将来事業計画検討委員
  会での審議経過を慎重に精査し、利用者ご家族の方々が安心して過ごせる環境
  整備に努めてまいります。
  イ) 第一目標として、グループホーム・ケアホームの早期実現を目指す
  ロ) 第二目標として、利用者さんの地域生活の充実の為の諸事情のあり方に
     ついての分析と、具体施策への取り組みを推進してまいります。
社会福祉法人富翔会
〒584-0014
大阪府富田林市川面町2丁目5-19
TEL:0721-20-5288
FAX:0721-25-2060
----------------------------
障害福祉サービスの運営
----------------------------
わくわく富田林     まんてん
わかまつホーム
なかのホーム
TOPへ戻る