社会福祉法人富翔会|知的障害者授産施設|障害福祉サービスの運営|わくわく富田林|まんてん|大阪府富田林市

 

富翔会の取り組み

 

特定処遇改善加算の導入について

特定処遇改善加算の導入について
 
 
 福祉施設における介護職員の待遇改善については、これまでにも処遇改善の向上を図るための加算措置が講じられ、当法人でも処遇改善加算(Ⅰ)の適用を受けてきたところです。
 
 介護職員の更なる改善に取り組むため、介護給付単位の改善と共に介護職員(介護福祉士等)の処遇改善策として、新たに特定加算制度が令和元年10月から導入されましたので、当法人でもこの制度の適用を受けるため申請基準に基づき特定加算の手続きを行い、受給しているところです。
 
 介護職場の環境改善の一環として、これまで以上に働き易い職場をめざして介護職員の処遇改善を図りながら、利用者支援の拡充に取り組んでまいります。
 

職員に対する処遇改善の取り組み

職員に対する処遇改善の取り組み
 
 社会福祉法人 富翔会では、職員の処遇改善への取り組みを次のとおり積極的に取り組んでいます。
 
〇 働き易い職場づくり
 職員配置体制を充実し、利用者さんへの支援方法の充実に努めています。
 
 令和2年4月1日現在、正規職員19名、準職員41名、就労継続Gは6:1、わくわく・まんてんの生活介護Gは1.7:1による支援体制の確立。
 
 職員の健康診断項目の充実、介護業務の負担軽減を図るための入浴介助リフトの設置(まんてん・わかまつホームの浴室)及び腰痛防止ベルトの導入等。
 
〇 職員の給与等の待遇改善
 毎年4月基本給与月額の改定(平均2.5%程度)を行うと共に、専門職手当・職責手当・宿直手当・通勤手当等の改善を年次的に実施しています。
 
〇 職場におけるグループ会議等による情報共有
 毎月1回リーダー職員以上の施設運営連絡会、グループ毎の支援業務等の調整会議、施設内委員会毎の定例会議等、法人全体の情報共有に努めています。
 
 
 年4回発行の機関誌「きぼう」に日頃の取り組みや、法人役員会等の内容を掲載、又ホームページにも法人情報と併せて職員の処遇改善への取り組みについても掲載し、更には年2回の職員全体研修会を開催し、人権問題に関する研修・支援ニーズ等に則したテーマによる研修会を実施しています。
 
 

利用者支援の充実及び処遇改善対策について

利用者支援の充実及び処遇改善対策について
 
 日々の利用者支援の基本は、「富翔会の基本理念」に基づきながら「障がい者総合支援法」「障がい者虐待防止法」「障がい者差別禁止法」等の関係法令を遵守するとともに、利用者さんと職員との適切な距離感を保つこと、また、日頃の挨拶や呼称(・・・さん付け)を徹底する等、利用者さん・職員間はもちろんのこと来客者の方々にも明るく丁寧な言葉遣いを心掛け、法人全職員が規律正しく意思疎通の図られた組織としてさらに飛躍できるよう職員相互の連携向上を図りつつ日中活動支援に引き続き従事してまいります。
 
 標記にありますように、職員の処遇改善については、改善制度のスタート以来待遇改善への基本的な考え方として、毎年4月の基本賃金の改定を行うこと、及び年次的に諸手当の改定等の処遇改善を図ってきたところです。
 今年度についても、昨年10月からの「特定加算」も併せて、施設職員全体の処遇改善に繋がるよう更なる待遇の改善に努めてまいります。
わ​く​わ​く​富​田​林​ ​ ​ ​ ​ ​ま​ん​て​ん​
さ​く​ら​い​ホ​ー​ム​
わ​か​ま​つ​ホ​ー​ム​
社会福祉法人富翔会
〒584-0014
大阪府富田林市川面町2丁目5-19
TEL:0721-20-5288
FAX:0721-25-2060
----------------------------
障害福祉サービスの運営
----------------------------
017483
<<社会福祉法人富翔会>> 〒584-0014 大阪府富田林市川面町2丁目5-19 TEL:0721-20-5288 FAX:0721-25-2060